機能詳細

教材・受講形式 / Teaching Material Format

当システムでは、5種類の「講義」と、講義を束ねる「講座」が学習の単位になります。複数の講義で構成された講座の受講権限を、受講者に付与することで学習が可能になります。「講義」は、PDF、音声・動画、問題データといった「教材」の組み合わせで作成します。

講義の種類は以下の5種類です。


  • 利用教材

  • 動画

  • 音声

動画(音声)配信型講義

解説動画(音声)を視聴する形式の学習方法です。動画の視聴完了後に問題を出題することもできます。映像による学習のため効果が高い反面、教材の制作に時間と費用が大きくかかります。当社でお安く映像制作)

利用
用途
技術教育、ビジネス研修、PC操作研修 等

オプ
ション
  • ・倍速再生機能→1.5倍速、2倍速への切替
  • ・しおり機能→再生時間の保存
  • ・視聴チェック→視聴中にランダムな数字を数回表示し、視聴後に入力させる機能

  • 利用教材:

  • PDF

スライド配信型講義

解説PDFを閲覧する形式の学習方法です。全頁閲覧後に問題を出題することもできます。 テキストによる学習のため効果が低い反面、教材の制作には簡単です。

利用
用途
マニュアルの学習 暗記学習 等

オプ
ション
  • ・しおり機能→途中まで見たページを保存

  • 利用教材:

  • PDF

  • 動画

  • 音声

スライド動画配信型講義

解説PDFと動画(音声)を組み合わせた形式の学習方法です。 動画や音声にあわせて、PDFのページを自動で切り替えることができます。教材の制作に手間をかけず、かつ学習効果が高い形式です。当社でお安く映像制作)

利用
用途
PDFを使った解説教材 等

オプ
ション
  • ・倍速再生機能→1.5倍速、2倍速への切替
  • ・しおり機能→再生時間の保存
  • ・視聴チェック→視聴中にランダムな数字を数回表示し、視聴後に入力させる機能

  • 利用教材:

  • csv

問題出題型講義

解説選択式の問題を出題し、採点結果をもとに習熟度を測る学習方法です。他の講義と組み合わせて学習の理解度を測定したり、すでに紙や実地研修で学んだ内容の理解度を計測する際に利用することができます。

利用
用途
他の講義の習熟度チェック

オプ
ション
  • ・ランダム出題、解答回数制限、解答時間制限

  • 利用教材:
  • -

アンケート

解説利用者向けのアンケートに回答させることができます。 回答結果はExcelデータとして出力することが可能です。質問形式として、単一選択、複数選択、自由入力、星選択など様々なバリエーションを利用することができます。

利用
用途
アンケート

オプ
ション
  • ・回答の一時保存

お電話によるお問い合わせ

eラーニングASPに関するご相談・ご質問に
お答えいたします。
受付時間:平日09:30〜18:00

TEL 03-3261-2511

メールによるお問い合わせ

eラーニングASPに関してメールでの
お問い合わせ・資料請求はこちらから

© produced by 大宮商会(会社案内はこちら).